スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

全日本カブ耐久

15日、近畿スポーツランドではっぴいえんどプロジェクト主催の
サテライトステージ「全日本カブ耐久レース」がありました。

チーム「白ポスト.com」の応援ではなくライダーとして参加させて頂きました。


イメージ 1



14日に前日入りし、練習走行を重ねたのですが
カブで走行していたのは
我がチームのみ!
他はNSR50 XR100 NSF100n等等。






あまりにもの速度差で、練習していても怖い怖い。
1度転倒しましたが、他車がらみ
幸い怪我も無く、マシンも無事で一安心
カブの頑丈さが、発揮された1面だと感じましたよ。


迎えて当日






ルマン式スタートの耐久レースは
我がチームのレースクイーンマイケルさんのパラソルサービスがあり
更に緊張が高まり、日章旗が振られて駆け出しマシンに跨るまでは良かったものの
キック空振り(汗)でスタートミス!
何台かのカブに先行を許し、苦しい序盤になりました。
必死に追い上げ、まずノルマの20分間で、同じグループを何台かは抜きましたが
あっさり抜かれもしました。
と思って良くゼッケンを確認してみると「~B」70~90ccクラスでした。







ピットインの時間になり、第2ライダーの乙氏に交代です。
ぶっつけ本番の彼は、サーキット初体験です。
「レースと言えば俺やろ。」と発言した通り
周回を重ねるごとに、速くなってきました。
期待が持てます!っと思った矢先、ザッザッザーーー
やりよった・・・(笑)

こけて上手くなるんですよ。






乙氏の走行も終え、監督のいっきゃさんが40分走ります。
流石マシンオーナーですから、スムーズなライン取りで安定感があります。
3人の内でも、1番速いライダーです。

40分も走行して一体何台のカブを抜いたのでしょうか?
と思っていたら、ポツポツやって来ました。
完全ウェットの路面に多少慎重に走行されていましたが
見てる方には安心感しかありません。

2回目交代をしてから、コースインして周回を重ねると
目の前にMD90が居ます。
約3周ほど後ろから突っつき倒しました。
特に1コーナのブレーキング競争でインを挿されたりしたので
こちらも意地になって最終コーナー前のダブルヘアピンで
クロスラインを使って立ち上がりで挿したるわい!と頑張ったり
ここの勝負が自分で本当に楽しめた時間でした。

でも、普段はMD乗りだったんですよね?
MDを抜き去るのは心が痛みました。










嘘です。

なんとかして1コーナーのブレーキング競争に勝って
よっしゃぁ~~~!って叫びましたが・・・何か?

最後の交代も終え、後はゴールライダーの乙氏に任せ
やりきった充実感と開放感を感じながら
応援していました。

チェッカーフラッグが振られ、全車ピットロードで
最終計測です。
さて、何位に入るのでしょうか?


結果発表の前に、各クラスの表彰式が始まりました。


カブオープンスプリントクラスに出場したカブ丸くんが
堂々の第1位です!
優勝本当におめでとうございます!!!


最後のクラスのカブ耐久の表彰式でレース結果発表です。
何位かなぁ???


全然ゼッケン番号もチーム名も呼ばれませんでした。
「??????????????」
こんな気持ちでカブ耐久は終わりました。







でもね。
20数名の方々がわざわざ山奥まで応援しに来てくれて
みんなの前でライダー全員頑張って、サインマンとしてサポートして頂いたり
撮影をお願いしていたりと、皆さんが居たからこそ成り立ち
盛り上がったんだと感じてます
順位以上に大切な物だと。

ほとんどの方が初対面でしたが、
皆さんと、ろくに挨拶も出来ず
愛想の無い対応で申し訳ありませんでした。
これに懲りずに、またイベントでお会い出来ましたら
改めて宜しくお願いします。



最後に、画像勝手に頂いてます。
不都合でしたら削除いたしますので
その旨、報告頂きましたら幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。