スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

チューニングマフラー

実は、NH90カムと一緒に注文していた
JUNの新型マフラー(チューニングタイプ)も隠し持っていました。





エキパイが塗装されています。
ここが変更された点の1つですね。





テールパイプのアップです。変更点2です。
オプションタイプ2の外径22mmにしてみました。





ここ最近、ほとんどMDに乗っていなかったので
今までのJUNスラッシュカットマフラー25mmの塩梅なんか忘れてましたので
取り替えたくても、比較出来なければ取り替えられないとコソコソしてました。(笑)

久し振りに乗ったんですが、天気のせいか回転が重いような・・・?
パワーバンドに入りだしたら、そこからはカムのお陰か良く回るんですが。
なんかキャブセットが合ってないようです。

そのままで交換してみます。


まず、取り外したスラッシュカットマフラー25mmとの比較です。





エキパイ径と長さが変更されています。
その他の部分に変更点は見受けられませんでしたが
実際は分かりません。


テールパイプの比較です。





内径では19mmと12mmの差です。
ここだけ見れば、排圧が掛からなさそうですが
エキパイ径が絞られて少し長くなったので、上手く辻褄が合うんでしょう。
多分。



で、交換自体はナットを3つ外して付け替えるだけですので
省略です。


インプレとしては、ポンで付け替えただけでは
キャブセッティングがずれました。
でも、パワーバンドに入ってからの回転の上がり方が
こちらのチューニングタイプの方が速く感じました。

低回転域では、今までのスラッシュカットマフラー25mmの方が
トルクが出ていたように思います。


排気音は、うるさくなりましたが
低音の効いた、乾いた排気音ですので
そんなに耳障りでもありませんでした。


交換初日の感想としては、中高回転を取るのか 低中回転を取るのか
街中では、どちらの方が自分にとって使いやすいか?
と、悩んでしまう結果です。
キャブセッティングがキッチリ出れば、もっと違う感想になるかも知れませんが。


これから、もっと日中の寒暖差が出てきますので
キャブセッティング地獄に嵌りそうです。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。