スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

カレーライドフェスin静岡

3週連続でカブイベントに参加しました。
3回目は、「カレーライドフェスin静岡」@いつもの海岸です。

 
 
関宿から東へカブでは行ったことが無くて
参加したかったけどどうしても行けなかった、あおぞらフェスやSCM2。
 
前回の笠置に家族で参加させてもらって、
家族一同、大いに楽しませてもらったことで、理解も得られ
やっと関宿より東へ向かう事が出来ました。(笑)
 
 
朝3時に起きて、仕度して3時45分出発です。
前回の御礼にと、嫁がキャラメル味と塩味のパウンドケーキを焼いてくれて
それも一緒に持って行きます。
 
約2時間後、関宿に到着。
ここでかっちゃん捕獲(笑)
 
 
 
ここから東へ走った事が無いので、道が全く分かりません。(笑)
先導をお願いして、ここから先はランデブーです。(笑)
一部脚色あり。(笑)

 
かっちゃんのカブって、パワートレーインはノーマルのようですが
スプロケをハイギヤードにしてあるだけですが、良く走りますね。
燃費ももちろん、抜群!
 
対してMDは・・・。
燃費悪~ぅ。
ツーリング用のギヤ比でもないんで、いつもの海岸までに片道で2回給油。
燃費は、知らん。
と言うか、かっちゃんのと比べる気すら起きへんかったと言う事にしときます。
 
約4時間後、途中から雨も降ってきましたが
海岸のすぐ側の交差点まで先導して貰いました。
かっちゃん、有難うございました。
 
ここから先、ちょっと道を間違えましたが、無事に海岸手前の7-11に到着。
hitoshi君が、手を振って迎えてくれました。
堤防では、きゃん君達が手を振ってくれてました。
こちらでは、到着する10分ほど前から雨が振り出したそうです。
でも、雨を連れてきた訳ではないですよ。決して。
 
 
後でいっきゃさんに聞いたんですが、
「オックンが、『バーベーさんって、こんな人や無かったのに』って言うてたでぇ。」と
この件については、後述で。
 
早速、嫁から預かってきたケーキを渡すと
きゃん君とうんのさんがケーキ入刀して遊んでました。
『おもちゃとちゃうんねんけど・・・。」
 
うんのさんが切り分けてくれて
 

 

 
 
みんな速攻で食べ始め、
「食後のデザートとちゃうんやね???」って思って見てました。(笑)
 
皆に喜んで貰えて、嫁さんノルマもクリアし
 
 
開会宣言があって、
 

 
カレーが出来上がるまで、静岡の方々や愛知の方々に挨拶してステッカー交換して過ごしました。
 
 
カレーが出来上がり
 
 
いたやさんが持って来てくれたレンコンチップストッピングカレーです。
野沢菜ラー油も美味かった。
 
カレー食べたら、雨も止んでて
ビーチフラッグスが始まりました。
自分も含め、10人の男性が参加して
優勝者には、豪華特典がっ!
 

 
優勝者はオックンでした。
おめでとう!
 
 
 
その後フリスビーしたり、スイカ食べたり
 
 
また雨も降り出し、カッパ着て後片付けして解散。
 
オックンに「こんな人とちゃうはず」の件を聞いてみました。
やっぱり、関西圏までのイベントにしか参加しない人だと思われてました。(笑)
良い意味で、オックンの自分に対する概念をぶち壊したようです。
 
でも、ここから先の東方向へ行けるかどうかは、未知数ですよ。
 
 
 
 
解散後、
WRCさんと二人で帰ることになりました。
後ろから着いて行ってましたが、WRCさんの予備エンジン搭載カブが不調そう。
ずっと白煙吹いてます。
 
トイレ休憩で立ち寄ったコンビニで、すぎうらさんと合流、談笑して
また再出発。
ガソリン給油して、関宿まで帰って来た時、18時20分頃でした。
 
しばらく休憩して、WRCさんがキャブセットしたりタペット調整したり
エンジンの不調を直そうと頑張ってました。
すると、USKさんが一旦素通り。
でも、帰ってきてくれました。
3人で話して、から揚げもらって、後は自宅までノンストップで帰る予定でした。
また雨も降り出し
鈴鹿峠に入る前にR25→R163ルートで帰るのでUSKさんとも直ぐに別れ
2人で、真っ暗なR25へ。
 
霧も出てて、しばらく走りにくかったんですが
上野付近まで来ると、店舗もちらほらあって道路も明るくなり
R163に突入です。
 
でもでも、WRCさんのカブの白煙量が、更に多くなってます。
大丈夫でしょうか?
 
しばらく走ると、WRCさんのカブがスピードダウン。
でも、また普通に走り出したり、何か嫌な予感。
 
R163の真っ暗な峠道で「キュルキュルー」って音がして
WRCさんのカブがストップ。
ピストンシリンダーが抱きついたようです。
でも、ここはまだ三重なのか京都なのかも分からない山の中。
下りは惰性で下って、上りは押して
WRCさん汗だくです。
何とかロープを見つけて、牽引します。
 
引っ張るのも気を使いますが、引っ張られるのは怖かったでしょう。
路肩も無い、ブラインドコーナーが続く道を
牽引してる2台の2輪を抜く車はもっと怖かったでしょう。
 
それでも、なんとか無事に前回会場の笠置キャンプ場も過ぎて
R24に合流出来ました。
 
営業中のGSも見つかって、オイルを補充して
エンジン始動を試みますが、カブはなかなか息を吹き返してくれませんでした。
ここから先の道中、交通量も増えるので、牽引での走行は諦めて
頼みの綱のhitoshi君にレスキュー要請です。
快く引き受けてくれて、お疲れなのに軽トラで迎えに来てくれました。
 
R24→R308(阪奈道路)→自宅で一旦帰宅。
hitoshi君も翌日は学校なので、うちの車にカブを積替えて
WRCさん宅までバトンタッチです。
hitoshi君、ありがとう!
 
無事に到着して、以前約束してた物を貰って
帰路に着きました。
日付が変わった1時30分頃
カレーライドフェスin静岡 無事に終了です。
 
今回もいっぱい楽しめて多くの方と知り合えてお話出来て、本当に楽しかったです。
みなさん、また宜しくお願いします。
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。