スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

2010 カブ耐最終戦

11月7日 全日本カブ耐久第3戦に参戦してきました。
今回は監督のいっきゃさんが仕事の都合で参戦出来ないという事で代走です。
 
訳あって、今回はデジカメを持って来ることが出来ませんでしたので
MSさんの画像を頂戴してます。
 
 
 
当日の夜中3時過ぎに近スポに到着
コース上の駐車場にWRCさんが先に到着されてました。
軽トラで来たので、キャビンで寝ようとしても
狭すぎて、足を伸ばす事さえ出来なく、寝れませんでした。

6時半過ぎぐらいに外に出てレースカブを降ろして
受付・車検の準備です。
練習走行前にチョークを引いてやっと掛かりましたが
アイドリングも安定せず、破裂音の排気が・・・。
標高のせいかとも思いましたが、何か違うとWRCさんと二人で悩んでました。

練習走行の時間になって
先に走らせて貰いましたがエンジンがやっぱりバラついて上手く走れません。
WRCさんに交代しても、変わらずバラついて何かおかしいと。
駐車場に戻って、気温が上がれば回復するかな?みたいな事で
この件は後回しにしてしばらく、放置。
 
その間、アッチさんのブースにお邪魔して、朝ごはんのカレーを頂きました。
お仲間のマシンが、どえらいマシンばかりでした。
スーパーカスタムのFTR250、CRF250エンジン搭載のNSF100
ええ目の保養になりました。

レースカブのエンジンの調子が気になるので
アッチさんやモトジ君にメインジェットが無いか聞いてみると
モトジ君が貸してくれました。
気温が上がって来た頃に、駐車場に戻って
レースカブのエンジンを掛けてみました。
やっぱり1発始動出来ず、チョークを引いて掛けました。
エンジンが掛かってもアイドリングが安定せず
空ぶかしで様子を見ると、綺麗に吹け上がりだしました。
タンクのガソリン残量に不安があったので
この勢いで下界までガス補給に行こうとしたんですが
走行すると、トルクが無くて、エンジンもばらついて仕舞いにエンストです。

業を煮やしたWRCさんがキャブをバラしましょうと
メインジェットを確認すると#72
貸してもらったメインジェットは#80~
う~んとまた悩んで、ジェット交換は断念。
そこへアッチさんとモトジくんがやって来て
メインジェットを返還して、アッチさんがガソリンを提供してくれました。
更に二人でキャブをばらして行くと、フロートに細かい砂が。
メイン・スローともにジェットを外してみるとスローが詰まってました。
これが原因だったんですが、WRCさんがメインジェットホルダーも気になると言うことで
外してみたら、ティッティリー♪♪♪「砂まみれジェットホルダー」出現です。

どちらも綺麗に掃除して、元通りに組み付けて
エンジンを掛けてみると、破裂音も消えていつもの調子良さが戻りました。
ガソリンを満タンにして、エンジンが少し冷めた頃に始動確認しても
キック1発で掛かったので、完全復活です。
 
 
復活したカブをアッチさんブースに持ってきて
昼ごはんのカレーうどんをご馳走になりました。
何から何まで、本当に有難う御座いました。

そこへモトジ君のお連れさんがM型モンキーに乗って登場。
早速、試乗会開催です。
前後リジットの足回りでOHVエンジン
ウィンカーが無いモデルなので、手信号だそうです。
ちょっと乗せてもらいましたが、上手くシフトチェンジ出来ず、左つま先が地面と擦れました。
でも可愛いですね。
 
とそこに、ももす君も登場。
メインジェットとパーツクリーナーを持って来てと頼んでたのに
先に済ましててゴメンね。
 
お腹も膨れて、睡魔が・・・
寝に行く前に。どちらがスタートライダーかジャンケンで決めて
自分がスタートライダーに決定。

上の駐車場に戻って、WRCさんの車で寝さしてもらったんですが
日も高くなって来て、車内は軽くサウナ状態。
風を入れようとドアを開けたら、レースサウンドが邪魔。
あまり寝れませんでしたが、ちょっとスッキリしました。
 
 
そろそろ、カブ耐久の時間です。
つなぎに着替えてマシンをピットに搬入
エンジンを暖気して、コースのスタート位置に並べて
メーターチェックしてもらって、コースの反対側に並んでスタートの時を待ちました。
 
初参加の時の、キックのスカリを思い出しながら
日章旗が振られ、スタートです。
慎重にキックして1発始動で1速に入れスタートしたら
あれっ?の6~7番手です。


Aクラスのマシンも先に居ます。
まあええわ。と思いながら1コーナーに侵入。
抜きもせず、混乱も無く2コーナーを回って3コーナーへ。
その時2位だったマシンが転倒。
3位のマシンが転倒したライダーを轢いてました。
その混乱を避けてインを付いたら、2位浮上。
良し良し。
 
 
1年振りのレースと50から100エンジンに代わったカブに慣れるまでに時間が掛かって
ブレーキングポイントも忘れて、シフトミス連発、コースオーバーしたりと
みるみるトップに離されていきます。
周りも転倒続出でした。
 
 2コーナーの立ち上がりの画像
3コーナーを立ち上がってシケインへ向かうトップの3Bの100EX


慣れてきた頃、Aクラスの速いマシンと競り合いになって
1コーナーで被せられたんですが、立ち上がりで離しても
2コーナーで突付かれて、3コーナーもちょっと気合入れたら
見事に転倒しました。
ももす君が動画でバッチリ押さえたらしいので楽しみです。(笑)

予定30分を走行したので、WRCさんと交代。


 
ラップタイムをサインボードで報告したりしてたら
SATOさんが登場。
WRCさんの快走で、また交代。
 


コースインして2~3週周ったとこのストレートエンド。
シフトダウンしようと、左足つま先でペダルを踏み込もうとしたら
ステップとペダルにつま先が挟まりました。
ちょっとパニくってフロントとリアブレーキで減速したら
リアが効き過ぎ、左に流れてハンドルで逆ハン切って
2輪でブレーキング直ドリです。
転倒は免れましたが、大失敗です。
オフィシャルには受けたようですが。
 
更に数週回った最終コーナー
BOOさんチームのメイトに乗った女性のライダーさんが
アウトから被せてきた他のAクラスのマシンと接触
女性ライダーがマシンを立て直そうとマシンを起こしたら
アウト側のマシンともう一度接触してフラフラとコース外へ
そのインをすり抜けてストレートへ立ち上がって行ったんですが
今回は、目の前での接触転倒が多過ぎです。
見てるこっちが怖いです。
 
 
しばらく走ると、プスップスッと。
まさかのガス欠です。
走りながらコース上でコックをリザーブに切替出来るわけも無く
一旦ピットへ。
直ぐにWRCさんが燃料コックを切り替えてくれてコースイン。
 
 
ピットから「IN」のサインがあって
交代しなければならなかったのに、最終前のダブルヘアピンぐらいから
Aクラスと絡んで、必死になりすぎて
ピットに入り忘れて、WRCさんゴメンなさい。
 
WRCさんが交代の前に、またまたアッチさんからガソリンを貰って
補給してからコースイン。
3Bのマシンと絡んで、楽しそうに走ってます。
 


最終コーナー立ち上がりでステップを擦った時に出た火花を見た
ももす君があれを動画に収めたいとダダをこね始めたので
サインボードに「火花」と書いて報告。(笑)
これにはWRCさんもウケたようで、毎周ステップガリガリ。
上手く動画に収まった時、ちょうどチェッカーでした。
 
パレードランが終わって、メーターチェックが終わってピットに戻って来たWRCさん。
えらく興奮してて、3Bのピットに行ってチームの人と「楽しかったですね!」と
がっちり握手を交わしたそうです。


表彰式の時間になってもまだ帰る準備をしてたんですが
カブを荷台に載せて、タイダウンで固定するんですが
左にナンボでも傾いていきます。
サイドスタンドがリトル用みたいで
元から傾きが大きいようですが、シフトペダルと干渉して動かないぐらい
ステップの根元が歪んで傾いてます。
 
一応、帰り支度も完了したので
表彰式に参加して、カブ耐Bクラス3位で呼ばれて
表彰台に載れました。
良かった良かった。(笑)
これで、シリーズチャンピオン奪取の任務も完了です。


いつものお楽しみにジャンケン大会で
WRCさんが、高価お楽しみ3点セットをゲットしました。
一体合計すると何万円するんでしょう?(笑) 
 
打ち上げでファミレスに寄って
いつもの通りに、賞品は山分けして
アッチさんチームも合流して
モトジ君チームも合流して
晩ごはん食って、話して、解散。
 
途中コンビニに寄って、缶コーヒーとたばこを購入して
カブのタイダウンをやり直してから帰路に着きました。
 
帰宅して、カブを降ろそうとタイダウンを解いて
サイドスタンドで自立させたら、
見事に、ステップの根元からポッキリ逝きました。
 
レーシングスタンドで仕事場に保管して
次の日の今日、溶接修理してステップも復活。
エンジンを掛けてみようとしたら、ガス欠でした。
 
監督にレースカブをお返したらカブ耐第3戦のイベントは終了です。
1年振りに走れて、楽しかったです。
レースって良いですね。
 
アッチさん、華輪さん夫婦にお世話になりっぱなしのレースでした。
この場をお借りして、お礼申し上げます。
本当に有難う御座いました。
 
 
来年のカブ耐は、Bクラスが廃止となり50CCオンリーの耐久レースとなります。
監督にも了解を得て○○○withアクノソシキとして2号機を作成して参戦します。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。