スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

アンダーカウル作り9

20130401_183345_convert_20130402233015.jpg
20130402_094608_convert_20130402233113.jpg
20130402_100401_convert_20130402233305.jpg
20130402_113725_convert_20130402233405.jpg
20130402_113751_convert_20130402233453.jpg
20130402_114709_convert_20130402233548.jpg

アンダーカウル作りも、製品作りに入ります。

メス型を入念にWAX掛けして、ブルーフィルムも2回塗して
黒ゲルを塗って、一晩乾かして
型に合わせて、予め新聞紙で作った型紙に合わせて
クロスを切り出し、1層目として貼り込ました。

翌日、マットも型紙に合わせて切り出して
2層目として貼り込み、乾燥後にインパラ樹脂でコートして

更に翌日。
画像1のように固まったので
脱型。(画像2)
原型の脱型の時より、簡単に脱型出来ました。

でも、ゲルの塗り忘れや、樹脂が回りきらなかったり
気泡を押し出し切れなかったとこなど
原型の型自体に無理があったのか、メス型の分割の仕方が悪かったのか
はたまた、自分の注意不足か、道具が悪いのか、
まあ、すべての要因が重なって完璧な物は出来ませんでしたが
パテで補修して、塗装してしまえば
普通に使えそうな感じです。

毛羽立ちをトリミングして
重さを測ってみたら、474gでした。

補修して塗装したら500gぐらいで出来上がりそうです。


以上、約2ヶ月に渡って作り続けて来たアンダーカウル作りもこれで終了です。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト
2013/04/03(水)
未分類 コメント:(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。