スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

初めてのガス溶接

1mm厚の鋼板を切り出して、プレスでちょっと押して、型に当てて叩いて

DCF00490.jpg


2枚とも半円になったら突合せて、溶棒を要所要所に点付けします。




端から点付けした溶棒の山を溶かしながら
溶棒はあまり使わずに、突き合わせた鋼板同士を溶かし進めて
「共付け」していくと

DCF00494.jpg


こんなん出来ました。テーパー管です。
右が師匠の溶接
左が自身の溶接



まだまだ
トーチの火口の炎の出し方、トーチの当て方、動かすスピード
どれも上手くいかないですが
アーク溶接よりも簡単でしたし、何より有害な紫外線が殆ど出ないのか
目が全く痛くならないのが、自分にとっての最大の利点です。


カブ耐までに間に合うのでしょうか?(笑)
スポンサーサイト
コメント:
No title
間に合わせてください~~エントリーは完了しております
by: アッチ.com * 2012/04/02 01:40 * URL [ 編集] | TOP↑

アッチさん 形にするだけなら、余裕で間に合いますよ。 性能を追及すると…多分、大丈夫でしょう。
by: バーベー * 2012/04/02 14:56 * URL [ 編集] | TOP↑
No title
ヘイ!大将!!一本下さいwww
by: かなた * 2012/04/02 19:27 * URL [ 編集] | TOP↑
No title
かなた君

テーパー管は簡単そうやけど、案外手間かかってます。
手間掛けた分、性能アップにつながって欲しい・・・。

カブ耐用とルーツ用の2本作成中ですよ。
by: バーベー * 2012/04/03 01:13 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。