スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

なるほど。

レース中のフロントアクスルシャフトのナットの緩みの原因

フロントアクスルシャフトは対辺12mm
アクスルのナットは対辺14mmのM10
フランジ付きロックナット

右利きなので右手に12mmソケットのラチェット持って
左手に12mm用より少しでも長めの14mmのコンビのレンチの方が
強めに締めれると思って、
ブレーキパネル側に14mmのアクスルのナットを持ってきてました。

アンチリフト車両なのでブレーキをかけて、フロントが沈み込むと
リンクアームはアクスルナットを緩める方向に動いてました。
ロックナットであっても緩んでました。

アクスルシャフト自体に割ピンが通る穴があって
βピン使って回り止めしてますが、余裕があるので
はっきり言って、何の役にも立ってなく飾り程度www

アクスルシャフトのナットは車両の左側(アクスルカラー側)が正解でした。

IMG_1981.jpg


今頃気付いてもねぇ~~~。はぁ・・・。
スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。