スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

.マフラー作り

MD純正の規制前マフラーとチャイナプレスモナカマフラーと
電工部材の曲げパイプを使ってマフラーを作ってみました。
 
 
まず、MDのマフラーの口の部分を切って曲がりの向きを変えて
オイルドレンボルトの下へ向かうように取り回しを変えて
電工部材の曲げパイプをコマ切れにして
180°のUターンになるように点付け

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
更にコマ切れを繋いで、シリンダー下へ向かうように巻いて行きます。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーク盛り盛りです。(笑)
 
 
ここまでの部品が、MDマフラーと電工部材の曲げパイプです。
 
 
この先からはチャイナプレスモナカを切って繋げました。

 
 
モナカ部分を高速カッターでハス切りにしてスイングアームにマスキングテープでぶら下げて
暫定の位置で仮止めして、先のトグロと繋いで行きました。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前方からの取り回しです。
 
バンク角を大きく取りたいので、エンジン幅より小さく巻いてます。
排気的には良くないと思うんですけど、バンク角優先にしておきました。
 
 

点付けの状態ですが、全て繋ぎました。
年内中に全て本付けします。
 
少し無理してる箇所もありますが、スルーしてます。
 
 
取り回し的には、プッチカブのクロスケを製作されたトモさんのマフラーの取り回しを採用させて頂きました。
この場を借りて、事後報告ですが「トモさん、パクらせてもらいました。」
有難う御座います。
 
ヘッドから、サイレンサーまでの長さは、測ったわけではありませんが
白ポレースカブのマフラーと同等ぐらいだと思います。
 
 
モナカの中身は空っぽですが、また後日。
パンチングパイプとグラスウールは止めときます。
 
 
マフラー1本完成するまででも、まだまだ時間が掛かりますが、
自分のマシンなんで、完全に自分好みのデザインとレイアウトで作ってます。
 
この後のポジション変更等の作業のことを考えると、もっともっと時間が必要ですね。
 
 
それにしても、これだけの事でも、あぁ~疲れた。(笑)

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。